アドバンス ケア デンタルオフィス 誰にも治せない歯を治す 【Avanced Care Dental Office】
by 東京職人歯医者
記事ランキング
カテゴリ
Advanced Care Dental Office
.
《銀歯問題とラバーダム》
フジ TV 時代のカルテを参照


《アクセス》
(→@mapはここ)
錦糸町駅前
錦糸町インター直ぐ
東京都墨田区江東橋4-26-9
錦糸町NKビル9階

《東京職人歯医者》

Advanced Care Dental Office HP
FB顕微鏡だけの歯科医院
FB医療安全・滅菌管理
東京職人歯医者のBlog
顕微鏡歯科naomi Blog
顕微鏡歯科naomi お勉強blog
顕微鏡歯科YUのブログ
顕微鏡歯科AKIのブログ
顕微鏡歯科NAKKYのブログ
顕微鏡歯科KANAのブログ
医療安全滅菌管理研究会
macな親友の杉山社長
顕微鏡歯科医院リクルート
ラバーダム防湿法

【予約専用回線】
東京03-5638-7438

【院長緊急連絡】
BJカードに記載されている私直通のアドレス・携帯に連絡を下さい。可能な限り24時間対応致します。

《診療時間》
月曜日〜日曜日
(週1日不定休)
月〜金曜日
9:00am〜18:00pm
土曜日及び日曜日
9:00am〜16:00pm
不定期に平日に休診あり

《アクセス》(map)
JR(総武線 横須賀線)
錦糸町駅南口すぐ
東京メトロ半蔵門線
「錦糸町駅」2番出口すぐ

駐車場  300〜600円/1h

〜Advanced Care Dental Office〜
【コンセプト】
当オフィスは本気で口腔の健康と歯を長くキレイに持たせたいと考える方のためのオフィスです。

従って同時並列診療のない完全予約制とプライバシーと感染予防策に特化した全個室診療としています。

そのために一日に診療する人数は1~5名とさせていただいております。

最新のテクノロジーを駆使し、現代歯科学で有効といわれる良い材料のみ使用しています。いわゆる低品質といわれる保険適応材料はそれしかない又はやむを得ない場合以外は選択しておりません。


原則90分~180分間診療でほぼ全て術野を見ながらの顕微鏡歯科治療を世界最高峰ドイツカールツァイス製歯科治療用顕微鏡を用いて行います。


当オフィスではいわゆる感覚と勘を頼りにする低倍率である拡大鏡(ルーペ)の治療、そして肉眼での治療はありません。

用いられる歯科材料は現代歯科学で最も有効とされている良い製品を用いています。補綴等を制作する歯科技工士は10年以上の臨床経験がある審美技工に特化した者に依頼しています。

アクセス
予約・場所はここ


=東京職人歯医者=
専門 マイクロスコープ
    顕微鏡歯科治療
歯内・根管治療
    審美・咬合治療
    口腔外科・麻酔
【経歴】
日本大学歯学部卒業
東京医科歯科大学
 第一口腔外科専攻

  顎関節治療部
 インプラント治療部
  医員

  歯科麻酔科研修
国際デンタルアカデミー
 全日制フェローシップ修了
 BRONZE PRIZE
UCLA EXTENSION
 FELLOW SHIP IN
 CLINICAL DENTISTRY

現在は予防と再治療のない治療を目指す専門医

【所属】
・AMED
/Academy of Microscope Enhanced Dentistry

・日本顕微鏡歯科学会
・日本口腔顔面痛学会

【コンセプト】
自分が歯科医師に行う治療と同じ治療を提供させて頂きます。それにはお口に関しセミプロになって頂く必要があります。

歯科医師が医学的に最善と判断し診療を行う事は病気の理解と信頼関係が最も重要となってきます。
 それが皆様を健康へと導くものと信じているからです。

オフィスは患者さんとのコミュニケーションを最も大切にしており十分なカウンセリングと丁寧で安全な診療を心がけております。

初診の方はミーティングルームでお話をうかがいその後の方針を決めていただきます。待合室から直接に治療椅子(治療椅子は手術台と一緒です)で話を聞き即座に治療に入ることはありません。

一人の患者様に独占・集中するため多少長めにお時間をいただきます。

オフィスはいわゆる「流す」・「回す」・「転がす」の同時並列診療や歯科衛生士や歯科助手の業務範囲を超えた不適切・違法な治療行為等・無資格診療は一切ありません。

 ブログを全てをお読み頂ければ診療指針についてご理解頂けると思います。よろしくお願い致します。

※ ご来院の際は、他の方と時間が重ならないよう電話での御予約をお願い致しております。


Advanced Care Dental Office
【診療科目】

すべてマイクロスコープを用いた顕微鏡歯科治療になります。
・歯周治療
・根管治療
(歯内療法)
・補綴治療
(審美・義歯)
・口腔外科
(外来レベルでの各外科処置、全身麻酔を要する外科処置は、連携する専門医のご紹介が可能です。)
・インプラント治療
(高度なケースを専門に承っております。普通の簡単なケースはご近所での受診をお勧めしています。)
・麻酔科
麻酔科研修を東京医科歯科大学時代に修習しております。歯の麻酔だけでなく、リラックスできる笑気鎮静法や無痛治療(静脈内鎮静法)を日常的に行っておりますのでご相談ください。


《臨床哲学》
一、原理・原則を知り、
  常に最新の知識と技術を極めること
一、真面目・正直であること
一、親切であること

《office》(map)
東京都墨田区江東橋4-26-9
錦糸町NKビル9F

予約電話
03-5638-7438
月〜金
9:00〜17:30

オフィス

研究会はこちら
Implant Academy


Advanced Care Dental Office
《診療時間》

月曜日〜日曜日
(週1日不定休)
月〜金曜日
9:00am〜18:00pm
土曜日及び日曜日
9:00am〜16:00pm
不定期に平日に休診あり

【院長緊急連絡】
24時間対応致します。

【電話】
03-5638-7438
※初診の方は(月曜日~金曜日、9:30am〜5:00pm)

《アクセス》(map)
JR(総武線 横須賀線)
錦糸町駅南口すぐ

東京メトロ半蔵門線
「錦糸町駅」2番出口すぐ

駐車場  300〜600円/1h

Advanced Care Dental Office
検索
Dr.Iritani's office
検索候補が怖い
フォロー中のブログ
外部リンク
2014年 06月 20日

根管治療や補綴・修復治療の仮歯(テック、TEK)の必要性 東京職人歯医者

患者は気付かないだろう。現実的にはちょっとした手間がかかること、患者はその重要性を理解していないいう理由で仮歯はほとんど入れられることなはいが入れなければダメである。
仮歯は特に根管治療の際は絶対に必要と考える。感染予防だけの問題だけではない。特に奥歯の場合は仮歯無しでの治療は歯を移動させ治療中のみならず治療後も歯の形態などにを生じさせるからである。

【仮歯の必要性】

インレーや補綴治療(冠・クラウン、ブリッジ)そして根管治療の際は全てのケースで仮歯(テック、TEK、テンポラリークラウン)を作成し治療を行なっている。

仮歯は何故必要なのか
1)感染防止
歯を削った状態はカラダの内部が利出した状態。汚染物やバクテリアなのど感染に暴露するんを防ぐため
2)審美的回復(見た目の回復)
3)歯の移動防止、咬合の変化を防ぐ
特に根管治療を行なっている歯に関してはかなりな頻度で移動を認める。
4)食事を普通に出来るようにする
5)シミュレーション的役割
 採取的な本歯をどのようにするか患者の希望を聞くため

根管治療の際は特に残根状態での治療が問題となる。
治療中の感染の危険性、破折の危険性、ラバーダム防湿の困難性、歯の移動(後の補綴治療の問題)などのリスクがあるからである。
しかし、コンポジットレジンなどの接着技術の進歩により簡単に隔壁作成が可能となり安全に根管治療が行なえるようになっている。


【症例】
他院にて治療を試みるも保存不可とのことで紹介にて来院。患歯は残根状態にて感染リスクに高い仮封状態にて来院。
咬合の保全と感染リスクを軽減するためにまずは隔壁トテンポラリーを作成することとした。

患歯残根状態で自発痛あり。テンポラリーは作製されず簡単な仮封程度で処置されている。これではありとあらゆる治らないリスクを抱えているのも同然である。
e0004468_05243254.jpg

無理矢理行なえばラバーダムをかけられない状態ではないが、先に述べた理由により仮歯は絶対必要となる

歯に壁を作る作業である。
e0004468_06133500.png


形態修正を行ない、通常の冠をかぶせる支台形態を作成、顕微鏡歯科治療ミラーテクニックがないフルタイムダイレクトワーキングビューで行なう。全てを顕微鏡で行なっている証として全行程はビデオ録画されている。顕微鏡治療は全てを顕微鏡で行なわないと意味がない。
e0004468_06132953.png


隔壁完成である。これで初めて安全に根管治療が出来るのである。

e0004468_05274027.jpg


術前の残根状態

e0004468_731193.jpg



ラバーダム防湿も簡単に装着出来る。
e0004468_05280750.jpg


そしてテンポラリー、仮歯である。感染防止、歯の移動防止咬合保全、審美低回復、食事の楽しさ倍増、、、、そのた利点だらけである。ちなみにテンポラリー作成も顕微鏡で精密に作成しているのでライブで患者に公開している。
e0004468_05284898.jpg


根管治療における仮歯の役割は治療結果に大きく左右するだろう。
だから仮歯は絶対に必要なのである。


東京歯医者



by advanced-care | 2014-06-20 06:45 | 根管治療ラバーダム顕微鏡歯科
2014年 06月 18日

う蝕、術後凍みない痛まないコンポジットレジン修復CR 東京職人は医者

歯を長期に御わたって残すには重要な治療であろう

自分は最新の情報と技術を得るために年に20回以上セミナーや学会に出席することを課している。
セミナー記録
http://iritani.exblog.jp/i12


今日は診療終了後夕刻より夜半までセミナー。帰宅は午前様となる。

歯科医師たるは昼間は臨床、闇夜と休日は勉強。
今ではブラックな職業と言われて若い医師たちは5時からプライベートで訴訟。べんきょうはいつするのだうか。患者のために24時間365日時間を捧げないやつは自分はダメだと考えている。

e0004468_6475038.jpg場所 東京
日時 2014.6.19
演題 コンポジットレジン修復


講師は私が20年前に東京医科歯科大学にいたときからその名前が知れ渡っていた歯科医師である。
虫歯の治療後に凍みたり痛みが出たりする事があるということは多くの歯科医師の悩みであろう。

キッチリ治療した上でその確率を低くするためには原理原則を理解し行えば解決するだろう。
日本でトップクラスj講師のはじめの一言は
「10年前と内容は変わりません」
であった。

合理化時間短縮簡便性にはワナがある。原理原則が理解できていなければ新しいというだけでメーカーに騙され飛びついてしまうが、やっぱり基本は大事だと言うことを改めて実感した。


e0004468_10335897.png
ネットで飛び交う謎のドックスベスト、3Mix,、ヒールオゾンなど、、そしてただのレジン充填をダイレクトボンディングと称して患者からぼろうとする歯科医師達は先ず原理原則を学んでみてはどうだろう。

う蝕治療ガイドライン
http://minds4.jcqhc.or.jp/minds/usyoku/usyokugl.pdf



術後にしみずに痛くなく咬めるコンポジットレジン修復は歯科医師の基礎である。


東京職人歯医者
by advanced-care | 2014-06-18 23:48 | 顕微鏡など学会・研究会
2014年 06月 17日

歯科医師の腕 治療後歯にフロスで挟まる取れない 東京職人歯医者

誰も教えてくれない判断基準。

東京超高解像度マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療

設備や医薬品のモノの存在は認識できても
治療の成功とはさほど関係はない。腕は判断しようがない。
何も分からない患者にはフロスだけがその歯科医の腕の指標、判断基準となる。

根管治療はここhttp://iritani.exblog.jp/

患者が腕の良い歯科医師かどうかを東京職人歯医者ガイドライン
どんな素材のものを入れようがフロスが挟まらずささくれずスムースにパチパチと出し入れ出来なければダメである。
そのためには100ある行程の一つたりとも手を抜いてはいけない。100ある行程のすべてを歯科医師自ら行ない、顕微鏡で全てを見ていなければ良い治療は出来ないだろう。

東京超高画質マイクロCT顕微鏡歯科治療

歯科医師の腕の見せどころ
最もわかりやすいのが
治療後にデンタルフロスがパチパチ弾くこと
その歯科医がどのくらいの腕の持ち主なのかを見極めるにはプロ同士であれば容易に判断することが出来る。診療室や働くスタッフの風景であったり、検査(写真や動画は撮影しているか)や診査(多岐にわたる検査はしているか、歯型はあるか)・診断であったり色々なことを診て判断できるだろう。しかし、一般の患者にはいくらネットで勉強しようが、金で買える専門医や認定医やランキングを参考にしようが、病院の設備や患者の賑わい具合で決めようが無理であろう。そんなに簡単ではないからである。それらは客寄せのイメージや妄想にすぎないかもしれない。

明らかな事実は、
e0004468_20295617.png

歯科医師は結局は腕がものをいうだろう。そして患者がその歯科医師のレベルを簡単に認識できるの唯一の方法は「フロス」である。

歯科医がフロスの存在を患者に伝え、フロスでの手入れの仕方と重要性を患者に知らせているかどうかである。


治療後フロスがパチッと入りパチッと弾き出すことが出来るかどうかである。キツすぎて入らなかったり、ささくれたり、切れたり、ユルユルでスカスカであったりしてはいけない。金であろうが、銀歯であろうが、セラミックであろうが保険であろうが自費であろうが同じである。



【症例】
数ヶ月前に都心の有名審美歯科専門クリニックにて多数の銀歯に審美的な治療を行なったとのこと。治療直後よりフロスを入れると挟まりとれなかったりギチギチして切れるとの訴え。

顕微鏡下にて観察すると隣接するクラウンにインレー形成時に切削し傷をつけたと思われる形跡がある。
→患者の希望もありクラウンは除去せずストリプスで研磨をした。
e0004468_11160449.jpg


レントゲン画像でも多くの問題点がある。
これではいくら調整しても限界はあるが経過観察とした。
e0004468_19203675.png



更に第一大臼歯遠心でも引っかかる、抜けないという訴えがあった。その部分を顕微鏡で観察するとインレー辺縁に鋭縁部と浮きを認めその隙間にフロスが入り込み挟まってしまうようだ。

以下は全てFull time-Direct-Working Viewの動画録画中の静止画像である。
このテクニックが出来る顕微鏡専門歯科医師のみが見ることが出来る景色である。


男性、右側下顎第一大臼歯遠心ダイレクトビューである。
e0004468_11160435.jpg

治療中の直視画像。
肉眼やルーペでは見えないのでこのような処置は不可能であろう。
e0004468_11160422.jpg
隙間には食渣やプラークを認めた、この隙間の部分は0.6ミリのマイクロ形成バーで鋭縁部除去し最新のレジンを流し込むことにした。顕微鏡を用いなければ不可能な処置である。
e0004468_11160462.jpg

形成完了。歯石や縁下にセメントが取り残されていたのでついでに除去をした。これも肉眼やルーペでは絶対に不可能な処置である。
e0004468_11160401.jpg

流し込み充填完了
e0004468_11160473.jpg

フロスは切れることなく挟まらずにスムースにパチパチと通るようになった。
ちなみに他歯も深刻な状態である。後に破折や脱離を生じていくことになった。
基本的には現代のセラミックは破折や脱離といったトラブルは起きることはほとんどない。セラミック似ついてネット上ではいろいろ言われているがセラミックの問題ではなく術者の問題が多分に含まれていることは知られていない。


ちなみに数ヶ月前に治療した他歯についても深刻な状態にあった。後に破折と脱離をしていくことになる。
e0004468_14261267.jpg


e0004468_20051586.png

このような原因としては、
形成(ドクターの未熟)
印象の問題(保険適応のものを使用した。ドクターでないものが印象再得をした。)
石工模型の問題(練和、混水比、注入が適当、ドックター以外の素人が行なった)
技工士の問題
接着法の問題(防湿、歯の処理、インレー内面処理、接着剤の選択)

100ある行程に中で1つのミスがあれば全てがダメになるのが歯科治療である。
100でなければフロスはパチパチとは通らない。

歯科医師の腕の評価は虫歯の治療後にフロスのチェックを行なえばよい。

e0004468_20302374.png

左下論外。


インレーやCR充填はいかにフロスをキレイにパチオパチ通すようにするかが歯科医の腕。最近の接着剤は着きすぎるので、過剰に着いてしまった接着剤を除去するには顕微鏡が必要不可欠であることは顕微鏡専門歯科医師の間では常識となっている。残念ながら肉眼やルーペでは除去は不可能なのである。従って審美的な治療は顕微鏡を使いこなさなければ余剰セメント除去不可能というリスクがあるということになる。実際に顕微鏡無しでの仕事と思われる治療の除去の仕事はかなり多い。患者は全く気がついていないことも多い。




東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療






.
Your SEO optimized titlepage contents
by advanced-care | 2014-06-17 20:44 | CR・インレー顕微鏡歯科
2014年 06月 16日

超高画質マイクロCTと閉鎖した感染根管

ネジコロインプラントに現を抜かすな。
絶対に歯を救う歯医者の心意気を見せろ!

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療

閉鎖している根管を開けるには
マイクロスコープ顕微鏡と超高画質マイクロCTが
必要不可欠
なければ歯科医学的根管治療は否定されるに値する
マイクロCT(CBCT)の出現により今までの現代歯科学は間違いであったと認められてしまった。単純なレントゲン写真では複雑な形態を有する顎骨の厚みやそこにある複雑な歯の歯根形態などを読み切ることが出来なかったのである。単純レントゲンではこうだろうと思っていたことがCBCTではそうではなく、単純レントゲンではそうはなっていないだろうと思っていたことが、実際CBCTではそうなっていたりしたのである。レントゲンによる診断は大まかに半分しか当たっていなかった裏か表の1/2の世界だったのである。
だからCBCTでの診断は必要不可欠となったのである。

低被曝量かつ鮮明画像の世界一のCBCTはとにかく凄い。インプラントネジ込み用専用CTではないので患者も安心だろう。

患者は20代男性、他院にて抜歯宣告を受けた歯である
上 術栓 遠心紺に根管を認めず、根尖に大きな透過像(病巣)がある。
下 述語 暴走はなくなり架橋構造の骨量ができている。
画像を2回クリックして拡大する必要あり
e0004468_18464592.jpg


閉鎖している根管がある場合は直線的な根管拡大形成が必要であるので髄室と根管口、そして紺の湾曲状態を知る必要がある。顕微鏡下において閉鎖した根管は硬く暗透明な感じであるのでそこを壊して行けよい。方向的にパーフォレーションが心配で不安になったら再度撮影をすれば良いだろう。根充は感染根管では基本的にMTAを第一選択としている。9割以上はMTAである。何故だか分からないがMTAの力は凄いと感じているのは自分だけではないだろう。良く治るのである。当オフィスは顕微鏡無しでは除去困難なコアを伴う感染根管治療、そして閉鎖した感染根管の治療が多いと感じる。歯を残すために私は手段を選ばない。何としてでも痛んでしまった歯は助けたいのである。東京職人歯医者歯は命、だから歯を救うのが歯科医師に責務である。ネジコロインプラントは歯科医の敗北である。


東京職人歯医者
歯は命、だからあらゆる手段を用いて痛んだ歯は絶対に救う
ネジコロインプラントではダメである。ソレは歯科医師の敗北である。



.

by advanced-care | 2014-06-16 19:19 | 根管治療ラバーダム顕微鏡歯科